税込8000円以上のお買い上げで送料無料

『焼肉セットお取り寄せ通販専門店 毎日が肉祭!』は、全国からの選りすぐりの焼肉セットをお取り寄せしている通販専門店です。
こちらは、『肉料理をルーツとともに紹介しているページ』になります。

牛肉料理

牛鍋

横浜が開港(1859年)後、外国の食肉文化が伝わり、後に1862年(文久2年)横浜で居酒屋をしていた「伊勢熊」が開いた牛鍋屋が最初とされている。ぼたん鍋や紅葉鍋などの調理法を取り入れた鍋物で、牛肉と野菜は葱のみで味噌仕立ての味付けで煮る調理法が主流だったが、その後、関東の味付けは味噌から醤油と砂糖などの割り下が主流になっていった。

すき焼き

「すき焼き」の由来は、魚介類を杉材の箱に入れて味噌煮にする「杉やき」や鋤(すき)の上に獣肉を置いて加熱する焼き料理が転じて、すき焼きになったという説がある。すき焼きは関西で使われていた名称で、関東大震災後、関東に伝わり、牛鍋がすき焼きへと進化した。関東と関西では調理法が異なり、関東は、割り下(出汁に醤油・砂糖・みりん・酒などの調味料を混ぜたもの)に具材を浸して煮る牛鍋スタイル、関西では醤油・砂糖・酒など具材と一緒に焼く焼肉スタイルとなっている。

焼肉

網の上に、牛・豚などの肉を直火で焼く料理。「焼肉」のルーツは大阪発祥の「ホルモン焼き」が始まりとされ、後に全国に広まったとされている。さらに、朝鮮の「カルビ焼き」と「プルコギ」などの影響を受け、焼肉へと進化した。当初食べていたのは、カルビ、ミノ、センマイなどでサーロイン、リブロース、タンが食べられるようになったのは、かなり後になってからである。

しゃぶしゃぶ

極薄の肉を煮え立たせた出し汁に数回くぐらせ加熱し、ごまダレかポン酢に浸して食べる鍋料理。しゃぶしゃぶのルーツは、北京の火鍋料理で羊肉を入れる「涮羊肉(シュワンヤンロウ)」が起源とされており、第二次世界大戦、軍医として赴任していた鳥取市出身で民芸運動の指導者であった吉田璋也が北京の火鍋料理を伝えた。民芸運動家の仲間と試行錯誤し、羊肉を牛肉に変えたり、ごまダレを使ったり、熱伝導率が高い銅で鍋を開発したりして、誕生した。1947年(昭和22年)に「牛肉の水炊き」として売りに出された。また、「しゃぶしゃぶ」の名前は大阪のスエヒロが店で出した際にネーミングし、全国に広まった。

ビーフステーキ

ビーフステーキ(Beef steak)とは、フライパンなどの鉄板、または金網の上に置き直火焼きするなど、牛肉のスライスを焼いた肉料理。名前の由来は古ノルド語(steik)の「串に刺し焼いた肉」からきており、フランス語では「bifteck(ビフティック)」、日本語のビフテキはここからきている。ビーフステーキは使用する部位、調理方法によって名称が異なる。

・サーロインステーキ:牛のサーロインを使用したステーキ。

・ヒレステーキ:牛のヒレを使用したステーキ。テンダーロインステーキあるいはフィレステーキとも呼ばれる。

・シャトーブリアンステーキ:牛のヒレの中央の太い部分を使用した、脂肪が少なく、肉質に優れた最高級のステーキ。

・Tボーンステーキ:牛のサーロインと牛のヒレの2つの部位が付いた骨付き肉のステーキ。

・フィレミニョンステーキ:牛のヒレの尾の方の先端に近い部分のみ使用したステーキ。

・ロースステーキ:牛のリブロースを使用したステーキ。リブテーキとも呼ばれる。

・サイコロステーキ:サイコロ状にカットしたステーキ。結着剤を使用しサイコロ状の成型肉でもサイコロステーキと呼ばれる。

・シャリアピンステーキ : すりおろしたタマネギに漬け込んで肉を柔らかくするマリネステーキの一種。

バーベキュー(BBQ)

薪、炭、固形燃料を使用して、肉・野菜・魚介類を直火焼きする料理。直火焼き以外にもローストや燻製など多彩なバリエーションがある。調理器具としては、グリル、焼き網、鉄板などが使用される。

ローストビーフ

牛肉の塊に塩コショウして、オーブンで蒸し焼きにした肉料理。焼きあがった後はスライスし、グレイビーソースをかけて食べます。イギリスでは、日曜日のディナーとして出される伝統的な料理でメインディッシュとして扱われ、ヨークシャープディングや野菜などが添えられる。

ホルモン料理

ホルモン焼き

牛もつ、豚もつ、鶏もつなどの内臓肉(もつ)を直火で焼く料理。焼肉や鉄板焼きなどで食される料理。

もつ煮

牛もつ、豚もつ、鶏もつなどの内臓肉(もつ)を野菜、コンニャク、豆腐とともに味噌または醤油で煮込む料理。もつ煮は安価で栄養価が高く、定食屋や居酒屋の定番メニューである。

もつ鍋

牛もつ、豚もつ、鶏もつなどの内臓肉(もつ)をニラ・キャベツで煮込む鍋料理。醤油、味噌、塩味ベースのもつ鍋がある。

シロコロホルモン

豚のやわらかい大腸のみを割かずに管状のままで脂身を適度に残し洗った生の状態で流通している神奈川県厚木市のローカルグルメ。外側の部分と内側のぶ厚く脂が付いている部分があり、網焼きにするとコロコロの状態になる。牛の大腸が使われる場合もある。

羊肉料理

ジンギスカン

真ん中が盛り上がった専用の鍋(ジンギスカン鍋)で羊肉と野菜を焼き、専用のタレなどで食べる料理。ジンギスカンのルーツは中国の烤羊肉(カオヤンロウ)と言われ、満州へ進出していった日本人が持ち帰り、その後、日本人好みに合うよう改良されていったと推測される。使用される肉は、味付けされていない肉を焼いてからタレにつける場合と漬け込んだ「味付け肉」を使用する場合とがある。野菜は、ピーマン、モヤシ、タマネギなどでそこに季節の野菜が加わる。

カートに入れる

商品検索

おとなの週末掲載!やわらか貴重牛ハラミ600g

【特選松阪牛専門店やまと】

【奥州屋特選黒毛和牛 焼肉・すき焼き】

【黒毛和牛 スネ肉・切り落としなど】

【ハンバーグセット】

【お問い合わせについて】

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」